敷地面積を学ぶ

当サイトについて

当サイトでは、不動産投資における必要最低限の知識として、敷地面積についてのコンテンツを提供しています。不動産投資についてこれから学ばれる方にとって最もわかりやすいサイトを目指して、敷地面積の建築面積、敷地面積と制限、敷地面積 と計算、敷地面積と 求積図などのコンテンツをご紹介しています。
 敷地面積 建築面積  敷地面積 制限  敷地面積 計算  敷地面積 求積図
 トップ  運営  サイトマップ  
敷地面積は、これから建物を建てるために購入しようとしている土地の面積、あるいはすでに建物が建っている土地の面積のことをいい、具体的には「敷地の水平投影面積」のことをいう。
水平投影面積とは、建物の真上から光を当てた時に地盤面に影となって映る部分の面積をいい、傾斜地や崖地等では敷地面積はあくまで水平面に投影して測定した面積となる。また、道路幅4メートル未満のいわゆる2項道路に接している土地では、土地の一部を敷地面積に算入することができないので注意が必要。
ちなみに、敷地とは、建物を建てたり、道路や堤防などの施設を設けるための土地のことをいう。
なお、公図を基に制限された登記簿上の土地面積を「地積」といい、この地積と敷地の「実測面積」が異なっている場合があるので、売買契約などを結ぶ場合は、地積によらず、実測をしてからというのが鉄則である。

敷地面積の建築面積方法についてわかりやすく説明します!
 敷地面積の建築面積についてはこちら
敷地面積の話をする上で必ず出てくる『制限』についての説明です
 敷地面積と制限はこちら
敷地面積の話に出てくる『計算』とは?この項目では、計算についてわかりやすく解説します。
 敷地面積と計算はこちら
敷地面積と求積図の関係性について説明します。
 敷地面積と求積図はこちら

【おすすめ投資ポータルサイト】
不動産投資
不動産投資、収益物件・投資物件の専門ポータルサイト!